--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 05. 11  
晴天続きで初夏のような陽気でしたが
今日は朝から雨模様 気温もぐっと下がっております。
CA3J0317f.jpg 

気温の変動による体調不良には気をつけたいものです。


気温の上昇とともに髪が気になる頃
ショートのオーダーが増えてきます。

ショートヘアとなれば床屋さんは得意分野

ここ最近は
Unknown.jpeg 


Unknown-1.jpeg 

のような刈り上げスタイルのオーダーが多いです。

刈り上げ・・・ 時代によりカッコよくなったりダサくなったりで

私の師匠は刈り上げに強いこだわりを持った方でした。

鋏仕上げが基本で、「背中のうぶ毛からボカシていけ」というこだわりよう
襟足の作り方次第で腕がわかるみたいな
私も厳しく指導してもらいました。

刈り上げに必要な道具といえば 鋏かバリカン
でも一番大切な道具は櫛なんです。

先日、当店に出入りしているデイラーさんから
角櫛の引分櫛を紹介してもらい、即注文しました。
CA3J0319f.jpg 

とても薄い櫛なので 大切に使わないと折れてしまいます。

CA3J0320f.jpg 

この角という素材がスムーズな運行をしてくれるのです。

角自体、かなり貴重な素材となっていて
カタログ等にもあまり載ってません(多分)

素材もさることながら 
実はこの櫛を手作りしてくれる職人さんもいなくなっているそうです。

この櫛も一番若い職人さんが作ったそうですが
一番若くてもう直ぐ60代だそうです。

ため息が出ます・・・・


先日目にしたある記事に
今後AI(人工頭脳)の発展により人間からロボットへ移行してしまう職種がありました。
製造関係は、ほぼAIが取って代わってしまうそうです。
我々理美容関係の仕事はさすがにAIでは無理みたいでした。

人間の手による匠の仕事の価値も時代により変化していき
伝承しきれない技術は知らぬ間に消滅して行ってしまうかもしれません。

寂しさを感じました。





スポンサーサイト
NEXT Entry
一個人
NEW Topics
06/28のツイートまとめ
カラー
経営講習会 in 十日町
北滋賀高原へ 
佐渡に行ってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takayuki obata

Author:takayuki obata
新潟県魚沼市 旧湯之谷で小さな理容店を営んでます。
じいちゃんが始めたこのお店も私で三代目となりました。
田舎の静かな環境の中で、癒されに来て下さい。

こびとさんの時計
電力使用状況&電気予報
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。