--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 10. 10  
お店の飾り付けを秋っぽくしてみました。
DSCN0712.jpg



DSCN0713.jpg


DSCN0710.jpg

山々はまだ紅葉が始まってませんが
日が短くなったり、気温が下がったり
稲刈りが終わったりと、日を追うごとに秋が深まってきてるようです。

今月に入り、新兵器(?)を導入しました。
DSCN0708.jpg

こちらの薬品は パーマやカラーといった薬剤処理の仕事に使用します。
いままで、パーマやカラーの後の髪に独特のニオイが残ってませんでしたか?

ちょっと専門的な話になるのですが
パーマもカラーも大抵は1剤と2剤と2つの薬剤を使用します。
パーマやアイロンなどは1剤の後に2剤を
カラーは1剤と2剤を混ぜて塗布します。
1剤にはアルカリ剤が、2剤には酸化剤がそれぞれの主成分です。
アルカリ剤は髪の結合をほどき、酸化剤で中和させて形を作ります。
カラーに関してはちょっと説明がややこしくなるので
説明は省きますが、基本的には同じ作用で染まっていきます。

今までの問題点 それは・・・
実は2剤だけでは完全に中和されていなかったんです・・
つまり、アルカリが髪に残っていたということ・・
パーマやカラーの後、髪が痛むのはこの残量アルカリが主な原因でした。
更に 毎日使っている水道水も実はアルカリ性なんです。
(塩素などで消毒している為 人体には無害)

それらの問題点を解決してくれるこの薬品
簡単に言うと本当に中和させ、髪にベストな状態の弱酸性にしてしまうんです。
実際にリトマス試験紙を使い、実験してみましたが
この薬品を使わないで1剤2剤を混ぜ合わせると、アルカリの色で
この薬品を使用して1剤2剤を混ぜ合わせると、弱酸性のPH5ぐらいに
実際に使用してみると明らかに手触りが自然な髪に近い感じだし
ニオイもアルカリ臭がほとんど消えてました。

久々にヒット薬品!
秋から冬にかけて、いい感じで仕事ができそうです!!


スポンサーサイト
NEXT Entry
ボスとむっちゃんと後輩達
NEW Topics
06/28のツイートまとめ
カラー
経営講習会 in 十日町
北滋賀高原へ 
佐渡に行ってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takayuki obata

Author:takayuki obata
新潟県魚沼市 旧湯之谷で小さな理容店を営んでます。
じいちゃんが始めたこのお店も私で三代目となりました。
田舎の静かな環境の中で、癒されに来て下さい。

こびとさんの時計
電力使用状況&電気予報
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。